« ギルウェルパークへの道 | Main | ブラウンシー島、ギルウェルパーク »

2007.09.29

本当の「めざせ!ブラウンシー島」

この年間プログラムは8月25日の上進式をもって終了しましたが、1ヶ月後の9月25日、このブログのMASTERこと、わたくしカブ隊長の山口がブラウンシー島とギルウェルパークに行ってきました。ここでイギリスにあるブラウンシー島への行き方とギルウェルパークの行き方を紹介ます。

日本からイギリスのロンドンまでは、成田からの直行便が日本航空1便、全日空1便、ヴァージンアトランティック1便、ブリティッシュエアウェイズ2便と関空から日本航空1便があります。このあたりは、各航空会社や旅行会社などで調べてください。

それからロンドン中心部からブラウンシー島へは日帰りで行ってこられます。

さて、ロンドンからはロンドン ウォータールー(London WaterLoo)駅へ行きます。

Nec_0127Nec_0126_2

↑ロンドン ウォータールー駅

このウォータールー駅にはドーバー海峡トンネルを経由し時速300kmでフランス・パリやベルギー・ブリュッセルを結ぶ国際列車ユーロスターのターミナルも併設されています。他のヨーロッパ諸国から鉄路によりこの駅でイギリスに入国することもできます。ただしこのターミナルからのユーロスターの発着は今年の11月13日まで。

Nec_0124

ロンドン ウォータールー駅からはSouthWestTrainのWeymonth行きかプール(Poole)行きに乗ってください。1時間あたり1本ずつあります。切符の買い方ですが、自販機かカウンターでプールまで買えますが、往復キップも片道キップも運賃はそれほど変わりません。また、航空運賃のように、往復割引、早期購入割引、列車ごとに割引が変わるので、早めに計画を立てれば、そのほうが得です。ブラウンシー島だけでなく、ギルウェルパークなどへ行くのであれば、ブリットレイル・ロンドンパスのほうが便利な場合もあります。ロンドン~プール間の往復運賃分でロンドン近郊部、イングランド南西部、南部、南東部が2日間フリーになります。ただし、イギリスでは販売していないので日本国内の代理店で購入する必要はあります。

Nec_0048

ロンドンからおよそ2時間20~30分くらいでプール(Poole)という駅につきます。列車で行く方法を示しましたが、ロンドンのヴィクトリアコーチステーションから、列車より安くバスでも行けるようです。駅を降りて、港町の中心部歩いて15~20分位でボート乗り場へ。

Nec_0050

↑プール港のボート乗り場

プールからブラウンシー島へは2つのボート運行会社があります。どちらかの好きな方で運賃はどちらも同じ、往復チケットで大人£7.50です。このボート、行きはブラウンシー島直行、帰りはプール湾の遊覧になります。スカウトの団体などは事前に予約すれば割引になるそうです。プールからの行き方を示していますが、実験キャンプと同じルートで訪れるなら、サンドバンクス(Sandbanks)からもボートが発着しています。その場合、プールの何駅か手前のボーンマスからバスに乗ることになります。

Nec_0051 

↑ボート乗り場から見た、ブラウンシー島

Nec_0055_2Nec_0058_2

プールから20分くらいでボートでブラウンシー島の船着き場に到着します。ブラウンシー島はナショナルトラストで管理されており、ゲートで入島料大人£4.70を支払います。ブラウンシー島に到着! 

Nec_0060_2 Nec_0089_2Nec_0106_2 

左からブラウンシー島内にあるベーデンパウエル像、スカウトメモリアルストーン、ファーストキャンプの地

Nec_0122

↑プール港へ戻るボードは、ブラウンシー島を周回するようにプール湾内を遊覧するので海上からファーストキャンプの地が見えます。なんと虹が架かっています。

|

« ギルウェルパークへの道 | Main | ブラウンシー島、ギルウェルパーク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82430/45533543

Listed below are links to weblogs that reference 本当の「めざせ!ブラウンシー島」:

« ギルウェルパークへの道 | Main | ブラウンシー島、ギルウェルパーク »