« August 2007 | Main | October 2007 »

September 2007

2007.09.29

ブラウンシー島、ギルウェルパーク

Nec_0089_3←ブラウンシー島メモリアルストーン

イギリスにあるスカウト運動創始の地「ブラウンシー島」と指導者の訓練施設「ギルウェルパーク」の行き方をカブ隊 2006-2007 のブログに掲載しました。ブラウンシー島とギルウェルパークの画像も数点掲載しています。

Dsc00312_2←ギルウェルパーク

左にありますカブ隊ブログ「カブ隊 2006-2007 」をクリックするといけます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本当の「めざせ!ブラウンシー島」

この年間プログラムは8月25日の上進式をもって終了しましたが、1ヶ月後の9月25日、このブログのMASTERこと、わたくしカブ隊長の山口がブラウンシー島とギルウェルパークに行ってきました。ここでイギリスにあるブラウンシー島への行き方とギルウェルパークの行き方を紹介ます。

日本からイギリスのロンドンまでは、成田からの直行便が日本航空1便、全日空1便、ヴァージンアトランティック1便、ブリティッシュエアウェイズ2便と関空から日本航空1便があります。このあたりは、各航空会社や旅行会社などで調べてください。

それからロンドン中心部からブラウンシー島へは日帰りで行ってこられます。

さて、ロンドンからはロンドン ウォータールー(London WaterLoo)駅へ行きます。

Nec_0127Nec_0126_2

↑ロンドン ウォータールー駅

このウォータールー駅にはドーバー海峡トンネルを経由し時速300kmでフランス・パリやベルギー・ブリュッセルを結ぶ国際列車ユーロスターのターミナルも併設されています。他のヨーロッパ諸国から鉄路によりこの駅でイギリスに入国することもできます。ただしこのターミナルからのユーロスターの発着は今年の11月13日まで。

Nec_0124

ロンドン ウォータールー駅からはSouthWestTrainのWeymonth行きかプール(Poole)行きに乗ってください。1時間あたり1本ずつあります。切符の買い方ですが、自販機かカウンターでプールまで買えますが、往復キップも片道キップも運賃はそれほど変わりません。また、航空運賃のように、往復割引、早期購入割引、列車ごとに割引が変わるので、早めに計画を立てれば、そのほうが得です。ブラウンシー島だけでなく、ギルウェルパークなどへ行くのであれば、ブリットレイル・ロンドンパスのほうが便利な場合もあります。ロンドン~プール間の往復運賃分でロンドン近郊部、イングランド南西部、南部、南東部が2日間フリーになります。ただし、イギリスでは販売していないので日本国内の代理店で購入する必要はあります。

Nec_0048

ロンドンからおよそ2時間20~30分くらいでプール(Poole)という駅につきます。列車で行く方法を示しましたが、ロンドンのヴィクトリアコーチステーションから、列車より安くバスでも行けるようです。駅を降りて、港町の中心部歩いて15~20分位でボート乗り場へ。

Nec_0050

↑プール港のボート乗り場

プールからブラウンシー島へは2つのボート運行会社があります。どちらかの好きな方で運賃はどちらも同じ、往復チケットで大人£7.50です。このボート、行きはブラウンシー島直行、帰りはプール湾の遊覧になります。スカウトの団体などは事前に予約すれば割引になるそうです。プールからの行き方を示していますが、実験キャンプと同じルートで訪れるなら、サンドバンクス(Sandbanks)からもボートが発着しています。その場合、プールの何駅か手前のボーンマスからバスに乗ることになります。

Nec_0051 

↑ボート乗り場から見た、ブラウンシー島

Nec_0055_2Nec_0058_2

プールから20分くらいでボートでブラウンシー島の船着き場に到着します。ブラウンシー島はナショナルトラストで管理されており、ゲートで入島料大人£4.70を支払います。ブラウンシー島に到着! 

Nec_0060_2 Nec_0089_2Nec_0106_2 

左からブラウンシー島内にあるベーデンパウエル像、スカウトメモリアルストーン、ファーストキャンプの地

Nec_0122

↑プール港へ戻るボードは、ブラウンシー島を周回するようにプール湾内を遊覧するので海上からファーストキャンプの地が見えます。なんと虹が架かっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ギルウェルパークへの道

イギリス、ロンドンにあるイギリス連盟本部及び最初のボーイスカウト指導者研修を行った場所「ギルウェルパーク」の行き方を紹介します。

Dsc00300Dsc00304

まず、ロンドンのターミナル駅「ロンドン リバプールストリート(London Liverpool Street)」駅からONEという鉄道運行会社の「チングフォード(Chingford)」行きに乗り終点「チングフォード(Chingford)」で降ります。この路線は日中15分間隔なので、割とアクセスしやすいと思います。

Dsc00303

この「チングフォード(Chingford)駅」はロンドン市内のZONE3の範囲なのでロンドン交通局のオイスターカード、そしてトラベルカードもZONE3が有効範囲であれば使用可能、もちろんイギリス鉄道パスのブリットレイルパスも使用可能です。

駅を出て、バスターミナルを抜けると左側に日本の某車メーカーの販売店があります。

Dsc00305

しばらくすると、「Bury Road」との交差点、左折して「Bury Road」を行きます。駅から徒歩で30分くらいすると

Dsc00307

上のような看板があります。左折し直進するとゲートが

Dsc00312_2

このゲートの前の道を左に行くとキャンプセンター、右に行けばホワイトハウスがあります。

Dsc00315 ←ホワイトハウスレセプション(ギルウェルハウス)

Dsc00317 ←ホワイトハウス

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2007.09.09

入隊式

平成19年9月8日()、カブ隊は環境活動のあと団全体で入隊式を行いました。

05062_2 ←入隊式と組長、デンリーダー任命

これから1年、新しい仲間とともに活動をしていきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

缶トリー大作戦

平成19年9月8日()、「葉っぱ判定士」のプログラムの後、宗岡第二小からいつもの活動場所まで、スカウトの日から1週間早い、缶トリー大作戦のプログラムに移行しました。

Img_0893_2 ←缶などを拾うだけでなく地域のごみ分別収集にならい、分別して収集。

40分程度でしたが、スチール缶58缶、アルミ缶28缶、瓶10本、ペットボトル35本。その他ゴミ。志木市では空き缶、空き瓶、ペットボトル、プラ容器などは資源リサイクルし、その他燃えるゴミは焼却となるようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

葉っぱ判定士

平成19年9月8日()、ボーイスカウト志木第1団カブ隊、新たに6名の仲間が入隊し22名でプログラムスタート!「ぼくらは小さなエコ博士」というテーマの年間プログラムで活動を開始。まず最初のプログラムは宗岡第二小学校の校庭で、志木市環境推進課、地元の方の協力のもと隊集会「葉っぱ判定士」を実施しました。

Img_0869Img_0871  ←校庭にどんな樹木が植えてあるか、葉っぱの形から観察し記録すると同時に、樹木の太さ、葉っぱの大きさを測定します。巻き尺や定規の計測器のほか、体を使った計測を効率良く利用し、組ごとに協力して活動。

Img_0873 ←校庭の近くに水路があるせいか、樹木にはカエルが出現。またセミの抜け殻や昆虫をみたりなど、自分たちの住む街の身近な自然観察も体験

                                                               

          

Img_0883 ←樹木の太さ、葉っぱの大きさから、校庭にある樹木がどれだけの量のCO2「二酸化炭素」が吸われているか計算します。

結果、宗岡第二小学校の樹木は年間22人分のCO2を吸い、光合成により酸素にかえられているということがわかりました。22人というとカブスカウトの隊員の1年間の呼吸分のCO2しかこの樹木は吸いません。22人が1年間生活するとCO2はこれ以上の樹木が必要。これより、何故自然保護が必要なのか、カブスカウト達は理解しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぼくらは小さなエコ博士

9月よりカブ隊の年間プログラムは「ぼくらは小さなエコ博士」というテーマて展開されます。9月以降の隊活動は新ブログ「ぼくらは小さなエコ博士」にて紹介します。尚、このブログは年内中に今後、上進式、総括した内容を更新し、以降更新はしません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.07

ぼくらは小さなエコ博士 チームマイナス6%

カブ隊の2007年9月からの年間テーマはエコこと環境を主におきプログラムを展開していきます。スカウト活動の基本原則をもとにキッズISOを取り入れ、自然に親しみながら、実践していきます。 スカウト活動と環境活動の2本柱をこのブログで紹介していきたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »