« カブタロー伝説Part7 -スーパーカブ07(セブン)- | Main | 入隊式 »

2006.09.15

年間テーマについて

カブタロー伝説パート7 〜スーパーカブ07(セブン)〜
僕らは伝説のバックパッカー(BP)めざせブラウンシー島 !

ボーイスカウト志木第1団カブスカウト隊では、2006年9月より2007年8月までの年間プログラムのテーマを上記のように

カブタロー伝説パート7 〜スーパーカブ07(セブン)〜
僕らは伝説のバックパッカー(BP)めざせブラウンシー島 !

と設定しました。カブタロー伝説とは地区BP祭にて志木第1団が発表した劇がそもそもの始まりです。カブから生まれたカブタローが年を重ねるごと、また度重なることにその時のスカウトにより様々なスタンツでストーリーを展開させてきました。昨年のクリスマス会では6作目のカブタローシリーズの劇「カブゴロー続編」をボーイ隊が発表しましたのですが、そもそもカブタロー(Cubtaro)はカブ隊のカブから命名されており、ボーイ隊が発表するのはいかがなものかというものと、来年2007年はボーイスカウト活動100周年という記念すべき年、カブ隊としてこの記念年を活動としてどのように取り組もうか考えた末、このカブタローシリーズの劇のタイトルそのものを年間テーマとして取り組むことにしました。ということで新作の7シリーズはカブタローシリーズだけにボーイ隊が主役ではなく、カブ隊全員が主役、カブ隊がカブスカウトによりノンフィクションで展開していく活動プログラムとして展開していきます。毎月の隊集会でいろいろ活動をしていくと思いますが、活動の中で面白い出来事、ハプニング、想像しえない事など、いろいろな場面に遭遇すると思います。そういったことは、後にスカウトもリーダーも誰かに話をし、やがて語りつがれ伝説となります。そういった伝説を1年作っていければという発想です。さて、7代目カブタローはスーパーカブ07(セブン)と命名しました。おそらくこのネーミングから、人の名前、戦隊ヒーローの名前、バイクの名前が想像つくと思いますが、まさしくその通り! 来年2007年はスカウト活動100周年のほか、本田技研のカブ(自転車のエンジンキット)が1947年に発売され丁度60年。しかし現在、カブというと原付2輪オートバイのスーパーカブのことを言います。そのバイクは低燃費、耐久力、経済性がよく世界で一番売れたバイクです。ボーイスカウトではチャレンジ章総なめのスカウトのことをスーパーカブと言うようで、本田のカブもカブスカウトのカブも語源は英語の熊などの猛獣の子供を指す Cub に由来していることもあり、それに野菜のカブをかけあわせてそれらの特徴、効能、性能にあやかることにしました。さて07(セブン)ですが、7作目、2007年をかけあわせています、同じようなネーミングとしては1967年放映のウルトラセブン、1977年発売のマイルドセブンなどがあげられます。また本田のカブの場合、スーパーカブ90やスーパーカブ50などのように、商品名をスーパーカブとエンジンの排気量を数字で併記した形になっているので、本来であればスーパカブ7となるところを、あえて07表記しセブンと読ませることにしました。これには映画007も意識しています。ここまでは副テーマで、主テーマの「僕らは伝説のバックパッカー、めざせブラウンシー島」については、まず、バックパックを英語でBack Packと示すことに着目しました。意味としてはリュックを背中に背負い、野山などを歩く旅人のことをいい、それを行う人でバックパッカー。それとカブ隊のことを別名パック(Pack)といいますので、今回の年間プログラムは前にあげたブログのとおり「歩くこと」、「ハイキング」が主であるため、副テーマと同じく、これらの単語を意味も含め言葉を掛けてみました。更に単語の頭文字をとってBPとし、ボーイスカウトの創始者ベーデンパウエルのイニシャルであるBPとスカウトのモットーである「そなえよつねに」を英語で表した形である「Be Prepard」の単語の頭文字BPもかけて(BP)としています。ベーデンパウエル(BP)は50歳のとき、ブラウンシー島の実験キャンプを行っているので、来年2007年はスカウト運動が100周年であるほかBP生誕150年という記念年、またカブ発売60年の本田の創始者、本田宗一郎は東京連盟の理事を務めていたことなど、そういったことも含み、年間テーマとしてみました。年間テーマ一つでこんな解説がつくのは例がないと思いますが、スカウト活動100年目に行う年間プログラムの年間テーマとしては相応しく。伝説の7代目カブタローこと、スーパーカブ07(セブン)はバックパッカーでブラウンシー島をめざす途中で数々の伝説をつくっていくことを年間プログラムの想定として活動してゆきたいと思います。

|

« カブタロー伝説Part7 -スーパーカブ07(セブン)- | Main | 入隊式 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82430/45533501

Listed below are links to weblogs that reference 年間テーマについて:

« カブタロー伝説Part7 -スーパーカブ07(セブン)- | Main | 入隊式 »