エコ草履つくり

0830 平成20年8月30日()、夏休み最後土日、年間プログラム最後となる隊集会を行いました。

エコ草履作り、いらなくなった、使い古した布を利用して、草鞋ならぬ布草履つくり、紐結びと簡単なスプライスで、カブスカウトで4時間で作れます。

草履作りは女性には結構はやっているようで、活動最中も地域の方が見学におとづれていました。

尚、集会後上進式を実施。くまスカウト10名全員がボーイ隊に上進しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコロ・ジョーズ

Photo 夏休みがはじまった、平成20年7月19日(土)から21日(月)までの3連休、カブ隊は福島県西郷村にある国立那須甲子青少年自然の家にて夏季舎営実施しました。

年間プログラムテーマ”ぼくらは小さなエコ博士”として活動しているカブ隊は、このキャンプで”エコロ・ジョーズ博士”にパワーアップし、3日間にわたり、秘宝のクリスタルボールをさがすという壮大な冒険を中心としたワイドゲーム形式でプログラムを進めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコスティック

080605_2 平成20年6月14日()カブ隊は、6月隊集会を行いました。

エコスティックと飯ごう炊飯のプログラムは、毎年恒例の竹箸作りとカレー作り。ゴミの分別やリサイクルといった環境との関わりも意識しながら小刀や包丁といった刃物を正しく使い、美味しくいただくというものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の中の環境活動

Img_5198 平成20年5月10日()カブ隊は、雨天でしたが5月隊集会を行いました。

年間通じて環境をテーマとしてプログラム展開をしていますので午前中は35年以上参加している志木市親と子の市内まるごとクリーン作戦の参加、そして午後は、志木市内の公共施設や環境施設を巡るハイキングを実施。

しかし、多少の雨でも「いつも元気」のモットー通り、元気にまじめにしっかりやっている姿には隊長も脱帽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然の恵みをうけて

Img_50640426平成20年4月26日()、27日() 4月隊集会は秋ヶ瀬スポーツセンターにて1泊舎営を行いました。

テーマは「自然の恵みをうけて」

3月隊集会につづき、エコロジークッキングの第2弾、第3弾!

まず、26日 は秋ヶ瀬の土手に生い茂る、ノビルやタンポポなど野草を摘み野草料理、また組ごとにスカウトのアイディア料理を行い、みんなで振る舞いました。身近な自然の恵みをいただいた料理ということで、身近な場所の環境の意識が高まったことと思います。

そして、翌27日の朝食ですが、空き缶のコンロ を作りサラダ油を利用して、目玉焼きを作り。目玉焼き一つに調理時間20分とかかりますが、じっくり火の加減を見て、カブスカウト達は料理をしています。 空き缶、ティッシュペーパー(再生紙)を利用ということで、リサイクルの一つの方法を知ると共に、サラダ油を利用することで、石油に変わる燃料として最近話題になっているバイオ燃料の仕組みを美味しく体得してもらいました。 

Img_50681

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコロジークッキング

080309 平成20年3月9日()カブ隊は3月隊集会にて地元の郷土料理の一つとされる「手打ちうどん」に挑戦しました。

「エコ」をテーマとして年間プログラムを展開していますが、昨今の小麦粉の値段の上昇と地球温暖化が多少なりとも関連性があるというこということで、

なるべく粉を無駄にしないよう、ゴミをださず、組の中で協力してコシのあるおいしいうどんを打つとともに、エネルギー効率の高い電磁調理器を使用し効率よく打ったうどんを茹でて、そして組集会で手打ちうどんに合うトッピングを調べて、組ごとにスカウト自ら作ってもらいました。そして残さないよう感謝の気持ちでいただく。

たかが「うどん」ですが、カブスカウトの活動目的に沿ったプログラム展開が効率よく効果的に行えました。実に奥の深い料理です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西部地区BP祭

平成20年2月17日()ふじみ野市大井中央公民館にて、ボーイスカウト創始者ロード・ベーデン=パウエル・オブ・ギルウェルの生誕を祝う、西部地区のBP祭が行われました。今年はスカウト運動100周年の記念年度、そして来年度から地区再編のため西部地区としての行事としては最後のBP祭となりました。なお、カブ隊からは7名のくまスカウトが式典にて表彰されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志木市こども環境博士

081kankyo 平成20年2月9日()カブ隊は志木市こども環境フェアーにおいて、9月の隊集会に実施した葉っぱ判定士プログラム、清掃奉仕活動等、環境活動を展開したことにより。スカウト21名に対し志木市長より志木市こども環境博士の認定証が交付されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪まみれのエコ博士

            

08010122008年1月12日()-14(月)、新年最初の活動は2泊3日の冬キャンプ(舎営)です。 カブ隊は福島県のグランディー羽鳥湖にてスキー訓練、那須甲子少年自然の家にてスノーシューハイク、ソリ、雪上ゲームを行いました。昨今、地元志木では雪があまり降らず、ソリ、雪合戦などといった雪の遊びの体験もできません。風雪が吹き荒れている少々厳しい天候でしたが、小さなエコ博士は寒さにまけず、雪にまみれ、楽しい3日間を過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタ「エコ」ロースがやってくる

20071216 平成19年12月16日()カブ隊は12月隊集会 クリスマス会を行いました。

10月、11月と隊集会の度に雨続きでなかなか外での活動ができません。これも地球温暖化のせいなのでしょうか?本来であれば10月にエコをテーマとした仮装を発表して組ごとに行列する予定でしたが、これにパワーアップしてスタンツとして発表してもらいました。各組ともこの発表のために組集会でいろいろと環境問題のことを体験したり学んできたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«国立科学博物館見学