青梅市を過ぎ勾配がきつくなり、何とか奥多摩湖(標高600m)までたどり着きました。画像は休息、昼食の模様。志木を出発し6時間経過し、まだまだこれからというところでしたが、この頃から雷鳴がひびき渡り、後に雨となりました。少なくとも夜には宿舎にたどりつかないといけませんので、やむなくここで往路は終了となりました。